血圧コントロール

耳鳴りが前兆となる脳梗塞の対策にトクホと血圧管理

血圧は健康診断や人間ドックに行くと必ずいって良いほど測定が行われるようになりました。高血圧が様々な疾患のリスクファクターとなることが明らかとされてきていることにより、その認識を誰もに持って欲しいという期待の現れの一つです。日本においては医療費の高騰が問題になっていることから、医療費を大幅に上げてしまうような疾患を患うリスクファクターを取り除く取り組みがとても重要視されています。高血圧はその代表的なものであり、高いリスクのある疾患であることを国民全員に認識してもらい、予防や治療に取り組んでもらおうという動きが強まっているのが現状です。高血圧では自覚症状がないのが一般的であり、耳鳴りのような症状が生じたら合併症を疑わなければなりません。耳鳴りの原因にはメニエール病や難聴もありますが、高血圧が進行することによって耳鳴りが生じることもあります。脳梗塞や脳出血の症状として現れることがあるからです。高血圧が長引くと血管に負担がかかるため、肥厚してもろくなってしまいます。それが動脈硬化であり、その状況になるとちょっとした拍子で血管が裂けて出血したり、血栓ができたりして一大事になってしまうのです。薬による血圧管理を行うと共に、普段の生活から動脈硬化の予防をすることが大切です。トクホの中には血液をさらさらにすると宣伝されているものがあります。こういったトクホの多くは動脈硬化を予防するのに効果が期待できるものであり、普段の食生活の中にトクホを取り入れていくことによってその予防を行っていくことも可能です。高血圧は自覚症状がないために対策をとるのが億劫に感じられる人も多いものの、一大事になることを避けるためにも必要なこととして自覚することが大切です。