血圧コントロール

下肢動脈硬化症で入院することもある高血圧の恐ろしさ

高血圧は日本人の多くが罹患する病気となっています。成人の30%以上が罹患しているとされており、誰もが注意を払って生活しなければならない疾患の一つです。高血圧という病気自体では自覚症状を伴わないことが多いため、自分から血圧測定を行って確認するということをしなければ、知らず知らずのうちに病気を進行させてしまうリスクが高いのが特徴であり、それゆえに多くの人に恐れられるようになっています。自覚症状がないにもかかわらず恐れられる原因は合併症のリスクの高さであり、動脈硬化症と代表とする合併症がいくつも知られています。特に動脈硬化症は発症部位によっては入院が必要になる致命的な合併症を持つことになる可能性もあることから、その存在を知って自分の血圧に敏感になる人も多いのです。下肢動脈硬化症は入院による治療が必要になる可能性が高い動脈硬化症の一つです。足の動脈硬化によって血管が閉塞してしまい、血流が滞ってしまう疾患であり、そのまま病状が悪化すると血流がほとんどなくなります。そのため、下肢動脈硬化症では血流の確保が必要になり、病気の進行具合によっては外科手術によって治療を行うことになる可能性があります。下肢動脈硬化症の進行を放置してしまうと足の細胞が壊死してしまって切除になる可能性すらある危険な病気です。下肢動脈硬化症は徐々に病状が悪化しますが、脳卒中や心筋梗塞のように突発的に発作が訪れて緊急入院になりがちな病気の原因ともなるのが動脈硬化症です。その原因となるからこそ高血圧には十分に注意が必要であり、定期的な血圧測定を行って早期発見を行い、早期に食事や運動を中心とした治療を開始することが重要になります。